遺伝は直接自分の子供にいかないのかもしれないと思った

私が子供時代家に遊びにくる友人にお母さんが美人だといつも言われていました。
そんなふうに美人な母が自分の自慢でもあったのですが、私自身は悲しいことに、美人だと言われたことはありませんでした。
ところが従姉は私の母と非常に似ており、とても美人さんでした。
高校では違う男子校にファンクラブがあったほどでした。
私とは無縁のことだなあと思ったのを覚えています。

そして、大人になった時にうちの母と従姉が似ていたということを思い出すことがありました。
それは私の兄の子供達が非常に私似ているということがわかったことです。

私と兄は見かけが似ているので私の甥たちが私の見かけに似ていることは驚かないのですが、彼らの、得意なことが私とそっくりだったのです。
私は足がとても速く、学生の頃、いつも学校の代表として走っていました。
それから、沢山の先生に将来は歌を歌ったほうがいいと言ってもらったことがあります。
甥の一人は足がやはり速く大会に出ており、もう一人はなんと大学でミュージカルをやり活躍しています。

我が子に、私の足の速さも歌の才能も遺伝しなかったのですが、甥に行っていたようです。
遺伝って不思議と思ってしまいました。脱毛 都度払い